あなたの企業選定では、人気の高い総合商社ですら、ブラックになり得る。

まず前提条件として、
誰もがブラック企業には入社したくないですよね。

 しかし、現在もブラック企業で働き、快適とは言えないまでも、
それなりに勤務している人もいます。

と言うことは、

同じブラック企業でも、
ブラックな職場と、そうとは言えない職場が、
存在する事になります。

 


 これは、とても重要なポイントです。

では、逆に就職人気ランキング上位の
「総合商社」に入社したと仮定して、
その後をシミュレートしてみましょう。

 □k□k□k□k□k□k□k□k□k□k□k□k□k□k□k


さあ、あなたは晴れて、あこがれの商社に入社しました。

 社内研修では、同期と仲良く過ごし、ゴールデンウィークが過ぎた頃に、
配属が発表され、いよいよ本格的に社会人生活がスタートすることになります。

 今年は、海外と国内がほぼ半分でした。
あなたの配属は中東に決まりました。

 『ゲッ!!! なんで俺がイスラム圏なんだよ。
アラビア語なんてあんまりわかんねーし、
自信ねーし。
まあ、アフリカ行かされるよりは、良かったけど。
それにしても、海外組はイイトコに行ってないよな。

残りの半数は、国内の事業部配属か。
一番、仲の良い友達は経理部だし。
せっかく商社なのに可哀想だよな。』

 


 あなたの感想は、少し不満げです。

しかし、その商社が一番注力しているのは中東とアフリカなのです。


それは、有価証券報告書にも記載されていたハズなのに...。

 あなたは、希望していなかった配属だったため、
大変悩みましたが、
結局、赴任することにしました。
そして、気候も暑く、文化も違いすぎて、
とても嫌な気持ちを抱えながら、
現地で頑張っています。

 

 

□k□k□k□k□k□k□k□k□k□k□k□k□k□k□k

 さあ、この職場はブラックでしょうか?

この人が嫌気が差して、退職したら、どうでしょう。
メンヘラになったら、どうでしょう?

→配属時の良し悪しは、
どのような企業でも必ず起こる新社会人の人生の分岐点です。

もしかすると、スタート時に配属された部署によって、
出世や給与に大きな違いが出るかもしれませんよ。

この事例をあなたはどうのように考えますか?